2007年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.30 (Fri)

「さよなら」の季節

Today's BGM:Tom Tom Club"Genius of love"

もうすぐ4月ですね。外の桜の花も8,9分咲きになってます。
そんな春めいた空気に影響されてか、今日は少し真面目モードに入っている大王です。

この3月で、たくさんの「さよなら」を経験しました。
もちろん大王は見送る方です。
大学院に残っているという立場上、これまでもたくさんの人を見送ってきています。

卒業式や歓送会などで大勢を一度に見送るのはもちろんさみしいのですが、一対一で対面して見送るのは、なぜかそれ以上にとても辛いものがあります。
ここ3日で、5人とそういう「さよなら」をしてきました。

大勢の前だと大王の生来の強がりが影響するんですが、一対一の「さよなら」だと、そういう仮面が剥がれ落ちてしまいます。
普段なら感情をそのまま表出することをしない(というよりできない)のですが・・・。

もちろん今生の別れではないことは重々承知はしています。
それでも、
  
  ―ありがとうございました。
  ―お世話になりました。
  ―ホント楽しかったよ。
  ―じゃあな。
  ―「さよなら」

こういう言葉を聞くと、心の奥から湧き上がってくるものをとどめておくことができなくなってしまうのも事実です。

見送られるほうにだって新たな環境に飛び込むことでの不安があるでしょう。
見送る方には見送る辛さ、見送られるほうには見送られる辛さがあります。
大王としてはせめて、見送られる方が新たな環境で頑張っていけるように笑顔で送り出したいものです。
この「さよなら」が、せめてポジティブな体験として残ってもらえるように。

そして、「さよなら」の時にはこういう言葉で送り出すようにしています。

  「じゃ、またね!」

いつかの再会を信じて。

スポンサーサイト
20:32  |  ちょっとまじめに【考える】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.28 (Wed)

烏骨鶏ラーメン 天照

Today's BGM:Taeko Onuki"Cahieri"

少し前のエントリで油そば好きについて書いたところ、ここを見ている知り合いから、

  「こっちで油そばだったら"天照"があるよ~」

というメールを頂きました。

名前に聞き覚えがあるような無いような感じだったので、ネットで調べてみました。
すると、もともとは「烏骨鶏ラーメン龍舞鶴店」だったとのこと。(情報源:HENO HENO 様)
なるほど。屋号が変わったわけですか。
"龍"は聞いたことがありますし(残念ながら食べた経験はありませんが)。

ということで、早速空いた時間に行ってみることにしました。

店に入ると、カウンターが厨房側と、その背面の壁側に2列。なんかおもしろい造りです。
醤油ラーメンや塩ラーメンなどのメニューがあり興味を惹かれますが、ここは初志貫徹で油そば(600円)を注文。

卓上にはラー油、お酢の油そばデフォルト調味料はもちろんのこと、酢醤油に塩、胡椒、一味、そしてちゃんと胡麻もあります。
この種類の多さは大王的にうれしくあります。
そしてさらに丼とともにに出てきたのは、マヨネーズ。
これは初めてです。まろやかさを加えるとのことなんでしょうか。

そして出てきた丼がこれ。
070327_131141.jpg
セットでスープがついてます。
トッピングは鶏肉(烏骨鶏?)の細切れにネギ。そして大量のキャベツの千切り(写真では麺の下になっていますが)。
なるほど、このキャベツのためのマヨネーズということなんですね。
それにしてもキャベツが入っている油そばは初めてです。
(今回「初めて」が多いですね)

大王はマヨネーズ自体はあまり得意ではないのですが、ここは初体験ということもあり思い切ってマヨネーズを投入。
そしてラー油と胡麻もたっぷりと。

中細麺と具材をよくかき混ぜて食べてみると、あら美味。
キャベツのシャキシャキ感が、他の店で入っているメンマの食感とはまた違ったアクセントをもたらしています。
タレ自体は少し甘めでこってり過ぎる気がしましたが、付属のスープを口に含むことによって、口の中が洗われ、どんどんと食べ進めることができます。
麺→スープ→麺→スープ→麺→・・・という感じ。
キャベツが入っていることもあり、脂っぽさはあまり感じずに完食することができました。

またこのスープ単品でも美味いんです。烏骨鶏の出汁なんでしょうか?
お代わりをしたいくらいです。

麺、スープをあわせると、これは総合評価はかなり高い印象ですね。
自分勝手な麺基準では、78点。
過去に食べた油そばの中では最高の評価だと思います。
他に油そばの美味しいお店を知ってるよ、という人は情報提供していただけると、とてもうれしいです☆

というか、最近食べものエントリが多いな~。
節制しなくちゃいけないのに・・・。がんばろ。

21:04  |  麺まとめ【啜る】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.27 (Tue)

PASMO

Today's BGM:スーパーカー"PLAYSTAR VISTA"

東京出張から帰ってきたばかりですが、今日も朝から外回りの仕事が入っています。
地下鉄で1時間くらいの場所だったのですが、いつもしている

 券売機で切符を買う
  →自動改札に入れる
  →自動改札から切符を受け取る

というプロセスに、少しめんどくささを感じてしまいました。

というのも東京では、ホテル代わりに居候させていただいた"ワダ"氏に「PASMO」を貸していただいていたからです(その後もらっちゃいましたww)。
070327_120631.jpg

知らない人に簡単に説明すると、PASMOは、「タッチ&ゴー」のSuicaと同様の、バス・鉄道用の非接触型ICシステムカードです。
これまでSuica対応ではなかった路線やバスでも使えるとても便利なカード。電子マネーとしても使えます。
3月18日より利用開始したということですから、大王はその6日後(23日)から使い始めたということですね。
う~ん、珍しく流行の最先端☆

このPASMOを使うと、先ほど3STEPだった改札通過が
 
  カードを改札の読み取り機にタッチ

というワンプロセスで終わってしまいます。
凄く簡略化されます。

大王はこれまでSuica、ICOCAのようなICシステムカードを使ったことが無かったので、使うたびに楽しくて仕方ありません。

また、今やっている「仮面ライダー電王」の変身ベルト&キットが、この非接触型ICカードをモチーフにしています。
毎週「電王」を観ている、精神年齢低めの大王にとって、読み取り機にタッチするたびに、

  変身・・・

と言ってしまいそうになるのを堪えるのがタイヘンでした(アホです)。

これ以上アホになってしまわないためにも、早く大王に飽きさせる必要があります。
ということで大王の住んでいるところでも早く導入してくれることを希望します。

16:39  |  雑感【日々想う】  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.26 (Mon)

東京麺珍亭本舗(修正)

無事に学会での発表を終えて、飛行機までの時間を利用してちょっと東京をウロウロしてきました。

唐突かもしれませんが、大王は油そばがなぜか好きなんです。
(知らない人に説明すると、油そばとは簡単にいえば汁無しラーメンです)

以前東京に行った時はわざわざ、発祥地とされる多摩の「珍珍亭」にまで足をのばしましたし、今の居住地でもラーメン自体はあまり好きではない「金龍」まで、敢えて油そばを食べに行きます。

なぜ好きなんでしょうか?
以前にも書きましたが、大王は脂っこいのは確かに苦手なんですが、油そばはお酢を入れるせいか、なぜか苦手ではありません。
また、なんでも入れて自分で勝手に味を調整できる無秩序さが気に入ってます。
ラー油で辛くしようと、醤油ダレを濃くしようと、胡麻をかけようと、ケチャップを入れようと、全てが自己責任。
こういう潔さっていいですよね。
「○○を食べるにはこういう順番で」みたいなルールって、一歩間違うと単なる自我の押し付けになる可能性もあると思うんです。
かしこまった場面でのマナー遵守は大事だと思います。
でもしょせん(という言い方をしたら失礼かもしれませんが)、ラーメンは大衆食ですから。

ま、ここでゴタゴタいうのはやめておきましょう。
とにかく大王は「無秩序」だからこそ油そばを気に入っているんです。

ということでせっかくなので「東京麺珍亭本舗」に行ってきました。
江戸川橋駅を降りて、徒歩5分ね・・・

・・・。

迷いました。すごくラフな地図しか持っていませんでしたので。
全然別の方向に向かっていたようです。

30分近く散々歩き回ったあげくようやく目指す麺珍亭に到着。
入口を入って、食券を買って席に着きます。
中はカウンターのみで10席くらい。
こじんまりとしたお店です。

注文したのは、油そば(600円)+ごまねぎ(100円)。
東京の麺相場ならこんなものでしょうか。
でもネギはいいとして、胡麻が別料金なのは少々心外。
だいたいテーブル上にあるものと思ってましたから。

注文がくるまで、カウンターの内外を眺めていると、「油そばの食べ方」なる貼紙が。

  なになに・・・。
  「先ずラー油とお酢を丼に2周回しかけてください」
  「むらがなくなるまでよく混ぜてください」

!!!
無秩序のはずの油そばに、秩序がある・・・。

一定の味を提供したいというお店の方針でしょうか?
それとも、なにやっても自己責任をとる!くらいの意気込みが、この店にくるお客にはないんでしょうか?
少し違和感を感じたのも事実です。

そうこう考えている間に丼到着。
070326_145106.jpg
↑丼の「油」の文字がインパクト大!

うん、やはり麺が太い!
細麺に慣れきった大王にとって久々の太さ。
トッピングは叉焼1枚とメンマと刻み海苔に、追加の胡麻葱。

大王は自己責任をとるつもりなので、貼紙に逆らってラー油を4周、お酢を2周。
あと卓上にあった唐辛子に胡椒まで入れて、混ぜまくりました。
(ってか卓上にはこれだけしかないもの少し・・・)

麺を啜ると、味は確かに良い。
やや甘めの強いしょうゆダレに、もちもちした太麺がいいマッチング。
油の濃さもそれほど気にはならず、一気に完食。
ただ圧倒的に麺の量が少ないのと、叉焼がパサパサで美味しくなかったのがマイナスポイントですね。
あとは「自由度」も・・・。

うむむ・・・。
悩んだところで、麺基準 70点。
個人的に、油そばに秩序を求めてはいけないとおもいます。
ま、秩序を求めるのも「自己責任」なんでしょうが。

(3/28加筆:どうやら麺の量は大盛りでも値段は変わらないとのこと。良心的なサービスだと思います。気づかなかった大王が悪いわけですね・・・)
16:12  |  麺まとめ【啜る】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.26 (Mon)

世界のやまちゃん(修正)

最臭兵器の爆撃を受けてぼろぼろになった身体を癒すべく、
大王の究極の心身回復術である「ワイワイ騒いでアルコール摂取」をしに、呑みに行きました。

今回は大王の元担当教官であるE先生に関連する人たちの集まりです。
先生の交遊(交友)関係は広いので、集まった20人弱の中で、大王の知らない人達もちらほらいます(知ってる人のたいていは飲み会で知り合った人たちですww)。
ちなみに大王は「人見知り」ですので、少し緊張気味でした。
(アルコール入れたら少しは平気になるんだけどね。)

行ったお店は、「世界のやまちゃん」。
名古屋に本店のあるの手羽先のお店です。
070325_222603.jpg

大王は肉の中で鶏肉が一番好きですので、とても楽しみです。
以前「風来坊」の手羽先を食したのですが、それ以来この名古屋名物の手羽先が好きになりました。

さて肝心自慢の手羽ですが、杯袋裏に書いてある食べ方通りに食べると・・・、
ん☆ 甘辛なタレと胡椒がいい案配。
思うに「風来坊」のより少し甘口な感じかな?
こってり味で香辛料も効いていて、もうビールが進む、進む。
全体を見回すと、他のみんなもそうなのか、空のビンがゴロゴロ転がってます。
みんなペース速いねぇ。

他にも味噌串カツや砂肝の唐揚げ、ピリ辛唐揚げやどて煮など、名古屋の味がこれでもかってくらい出てきます。
最初は喜んで食べてましたが、好きな鶏肉でもさすがに少し食傷気味・・・。
もともと脂っこいものや塩味のきついもの、こってり味なものを
あまり多く食べれないので、中盤からはひたすらビールをカパカパ。
(それでも「まだ食え」と命令されれば、応えざるを得ませんでしたが・・・)

脂で持たれきった胃に、最後に出てきた春雨サラダとパイナップルがにどれだけ救われ、癒されたことか!

ちなみに今回E先生がお金をばらまくことはありませんでした。
そのかわりになぜか、会計後トイレにいった後で、「行方不明」になってしまいましたがwww。

ホント、どこ行かれたんだろ??
13:35  |  食事・お酒【喰らう呑む】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.26 (Mon)

暗黒パフューム(修正)

一応本分である学会に参加。
マジックランド行って、ご飯食べてばかりが目的ではありません。
あくまでこちらがメインイベントです!
(自分に強く言い聞かせるように・・・)

ちゃんと朝から参加して(地震の影響と、乗り継ぎに少し失敗して少々遅刻しましたが)、午後からはある分科会に出席しました。

始まる少し前に会場に行くと、部屋の入口に人がたかってます。
どうやら出席希望者が多く、用意した椅子が足りないため、立見になるとのこと。
予想は大王も資料を受け取り、「ロ」の字型に並んだ席の後ろに立つことになりました。
後ろの人達のために横に詰めていくと、大王の横のちょうど二人分ほどのスペースに荷物が置いてありました。

  あぁ、荷物で場所取りをしてんだな

と思い、待っていたんですがなかなか隣の人が帰ってきません。

いよいよ開始という直前になっても大王の横だけ、歯がかけたかの様にポッカリと。
人がもっと増えてきたらしく、会場係の人が『詰めてくださ~い』と何度目かの声を張り上げたとき(と言われても大王は荷物のせいで動けないのですが)、おもむろに動く人影が・・・。

のそのそと目の前の椅子に座っていた男が、大王の横の荷物を持ち上げて自分の机の下に置きはじめました。
しかも二人分と思っていた荷物は全てそいつの分のようです。

  お前、今まで何ボケーっとしてたんだよ!
  少しは人の迷惑も考えろ!

とイラついていたのですが、振り返ったそいつの顔を見た瞬間、大王にある記憶がフラッシュバックしてきました。


[回想開始]
それは昨年の同じ学会の時、同じく混雑した分科会に参加した大王は、幸運にも空いた席を見つけて座ろうとしました。
しかし近付くと、3人がけの真ん中のその席の上には、プログラム冊子やらプリントやらペットボトルが載ってます。
大王は隣にいた男性に、

  『ここ空いてますか?』

と尋ねると、そいつは

  『んぁ? あぁ・・・』

と間抜けな声を出しておもむろにその荷物を片付け始めました。

おかげて満員の中、その席に座れたのですが、よかったのは「座れた」ということだけ。
というのも、会の最中にその男はメモをとるでもなく、真剣に聞くでもなく、キョロキョロして挙動不審でした。
その動きがいちいち緩慢かつ不審で、ちらちらと視野に入るためイライラして仕方ありません。
しかも体臭なのか、香しい臭いもします。腐臭というかなんというか・・・。

そいつの動きと臭害のおかげで、大王の集中も削がれてしまい、聞きたかった話の内容も半分程しか頭に入りませんでした。

[回想終わり]


そして、その男が今目の前であたふたと荷物を片付けています。
不幸な再会(大王にとって)とはまさにこのこと。

  またお前か!

メタボリックな体型、斜めにズレた眼鏡、だらし無く開きっぱなしの口。
・・・そして嗅ぎ覚えのある臭い。
「パフューム」の主人公並ではないですが、大王も臭いには敏感ですのでわかります。
ってか誰でも分かるんじゃないかな。

もう、あらゆるファクターが二者が同一人物であることを同定しています。

二年連続、そいつの臭害に遭遇してしまうとは・・・。
今年の大王も運が悪いこと確定ですか???

しかもそいつ、会の間、寝てる→突然起きてよだれを拭く、を繰り返すこと3回。
話聞かないんだったら、来るなよっ!
スペースが無駄だろうが!
座らせろ!
09:36  |  トラベル【旅する】  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.24 (Sat)

リベンジ!(修正)

昨日のリベンジとして、マジックランドに行ってきました。
午前中の予定を少し調整して何とか・・・。

茅場町で降りて、昨日の『下見』した場所へ。
(あくまで昨日は「下見」だったということで)
古びたビルの3階まであがると、目指す老舗ショップ『マジックランド』です。
070324_113059.jpg
↑入り口ですが歴史を感じます。

期待ムンムンでドアをあけると、目の前に広がるマジック関連の書籍、DVDと道具類!
見た目は古びた倉庫然としていますが、もう大王にとっては、ワンダーランドです。

最初はボケーっとして何を見ていいのか分からなかったのですが、声をかけていただいたお店のおばさま(店主の小野坂さんの奥様でしょうか?)にいろいろ商品を説明してもらいました。
今回はパケットトリックが目当てだったので、5、6種類ほど実演してもらいました。

その中で気に入った『ジョーカーズファミリー』(これはもともと欲しかったものですし)と、『トンテJr.』を購入。

あと、カード以外では『バナナトリック』の人参版(大王はバナナは嫌いですww)も追加で。
どれも不器用な大王にとって、それほど難解なテクニックを使わずに、最大の効果を得れそうなものばかり。
『ジョーカーズファミリー』だけは少し難しいですが、逆に練習し甲斐があります。

今から帰って練習するぞ~!

無事に東京に来た目的を果たせました。
また出張の時には行こう!

え? 学会?
それはそれ。これはこれ。

21:22  |  マジック・小ネタ【演る】  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.24 (Sat)

PIZZA DA BABBO(修正)

結局、待ち合わせ時間までの約1時間、ヴェローチェで過ごしました。
移動の連続で疲れてたしね。

さて、今日東京の友達("ワダ"氏など大学の同期たち)と食事をしたお店は、人形町の"PIZZA DA BABBO"というイタリアンのお店。
こじんまりとした、イタリアの田舎を思わせるお店です。
(イタリアいったことないけど、イメージで・・・)
厨房の真ん中には大きな石窯があり、本格派の様子。
いやがおうでも期待が高まります。

大王たちが入った時には既にお店は一杯でした。

雰囲気もよかったですし、出された料理もいろいろ美味しかったです。
中でも特に
・真子ガレイのカルパッチョ カラスミがけ
・牛タンのソテー コンソメスープ仕立て
・生ハムとルッコラの白ピッツァ
が大王のお気に入り。
和風テイストにアレンジされていながら、そこまで日本人の舌に迎合したものでもなく、非常に食べやすくかったです。

あと食前に出された自家製の焼きたてフォカッチャも極上。
石窯で焼くからか、他の所で食べたものと一味も二味も違いますね。

値段もワインを二本入れた割には手頃で、またもびっくり。
東京はこういうお店がちょくちょく転がってるのね。
田舎者の大王はびっくりです。
(東京には何度も来てるのにね~~)

01:17  |  食事・お酒【喰らう呑む】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.23 (Fri)

あう・・・(修正)

無事に東京に着きました。
まぁ、羽田に行く飛行機は、ドンなんとか社のじゃないだろうから大丈夫でしょ。

さて学会は明日からで、今日は20時から友人達と食事をする予定。
それまでの時間何をするかというと、大王には一つ行きたいところがありました。

マジックショップの老舗、『マジックランド』。

マジックを嗜むもの、東京に来て、ここに来ないことはあってはならない、という場所。
マジックを初めてからというもの、あまり東京方面に来なかったので、今まで訪れたことがない、大王にとっての神聖な空間。

いよいよ、その門をくぐれるのかと思うと、嫌いな飛行機の時間も不思議と楽しくなります。
到着機が遅れたため、20分ほど到着が遅れたのにムカつきましたが。

はやる気持ちを抑え、羽田から乗り継いで茅場町へ。
場所を確認しようと、あらかじめネットから印刷しておいた店のホームページを取り出して・・・
  
  ん?

いやな予感が走ります。
地図に書いてある店の営業時間・・・

  11:00~18:30!!

今の時間は・・・

  18:27!!!

  うわ・・・。 やってもうた・・・。

無理ですね・・・。
ここまで来たのに、お預けです。
飛行機が遅れなければ少しでも覗けたのに・・・

いやいや、愚痴っても仕方ありません。
26日までに、何とか予定を調整して訪問する機会を作りましょう。

次に時間的ゆとりができるのは最終日の26日の予定です。
じゃあその日で、と考えてまた印刷したページをみると、

  定休日 月曜・祝日!!!

うはぁ・・・。
天ハ我ヲ見放セリ・・・。

とりあえず、次の予定までの時間が空いたのも事実・・・。
仕方ないので近くのヴェローチェでコーヒー飲みながら思案してます。
うむむ。

19:02  |  マジック・小ネタ【演る】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.22 (Thu)

いざ東京へ

明日から、都知事選で盛り上がっているかもしれない東京へ出張でいってきます。
帰ってくるのは月曜日の夜。

それまで、携帯での簡易更新のみになると思います。
楽しみにしてくださっている方には(いるんでしょうか?)、少々ご不便な思いをさせると思います。
申し訳ありません。

とりあえず、携帯でupした分は後で加筆修正しますね。

では、向こうで仕事&遊び&アルコール摂取してきま~す!!
20:29  |  トラベル【旅する】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。