2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.05 (Sat)

徐々に増えるお腹の脂肪が気になりながら一週間に食べた麺をまとめて記事にします

Today's BGM : Pendulum "Propane Nightmares"

ども、忙しい割に今週は一日しか休肝日を設けていない大王です。
ダメですね・・・お酒に逃げては。

戦わなきゃ、現実と!!

ということで、現実のラーメンと戦ってきますwww。
今週も麺まとめ、ひぁーうぃーごー!!



火曜日。
午前の仕事を終えて、少し空いた時間にふらふら。
ランチをと思って、久々入ったのがソラリアステージにある「趙之家(ちゃおのみせ)」。
「平和楼」(「天天」の大将が以前料理長をされていたお店)が展開するお店で、高級中華の「平和楼」とは対照的に、女性が一人で気軽に入れるお店をコンセプトとしたお店だそうです。
そのコンセプト通り、大王が入った時も店内の8割は女性。
スーラータンメンなどが美味しいお店ですが、大王の注文は

chaonomise torisio
若鶏の塩ダレ湯麺(630円)。『やわらかく蒸した若鶏と特製の塩ダレと清湯スープでシンプルコクうま麺が出来ました』という紹介通りに、透明なスープの上には水菜と蒸し鶏。あと、一番上は赤茎カイワレでいいのかな?初めて見たけど・・・。
スッキリとした清湯スープ、やや縮れのスッとした細麺、ふんわりと蒸された鶏肉から滲み出る肉汁。淡麗系で美味しい一杯でした。
個人的麺評価:78点。しかし味が単調なため後半に飽きが・・・。もう少しだけ胡椒を効かせてくれれば、最後までダレずに食べきることができると思います。


↓↓ つづく

水曜日。
この日は午後からオフな日。なのでのんびりと大名を散策。
そんな日のランチに立ち寄ったのが・・・

moguore2011.jpg
2度目の訪問となる「土竜が俺を呼んでいる」! 通称「モグオレ」。
この昭和テイスト空間が、大王はたまらなく好きです。看板の小ネタもww
ミシミシいう床を踏みしめながら着席し、注文。

moguore2011 2
ラーメン(580円)。値段は1年半目と比べて上がりましたが、見た目は変わらず。
滑らかな舌触りとこっくりとした味わいの、上品な豚骨スープは美味。
この店の特徴でもあるスープで煮られた具の大根の甘みも良い感じです。
後半は柚子胡椒をすこーし溶かし込むと、スープの甘みも際立ちますね☆
個人的麺評価:86点。店主さんと他のお客さんとの会話を聞いていると、店主さんは「一風堂」出身とのこと。Σ! だからか、スープのこのシルキーさは!?


木曜日。
しとしとと霧雨の降る夕方、へとへととなった大王は、ふらふらと歩いていました。
気づくと長浜の鮮魚市場近辺。ふっと、気になったので市場の方に回り込むと・・・「元祖長浜屋」(元祖屋)が開いてる!?
しばらく6時~14時営業だと思っていたので、時間的にこちらに足を向けることがなく「元祖家1」の方に行っていたのですが・・・いつの間に営業時間が伸びたの??
この時以来なので、もう9ヶ月以上も「元祖屋」に行ってなかったんですね・・・。ということで食券を買って、元気よく

ナマー!!!

gansoya110303.jpg
いやいやいや、普通に薄いときてら♪
うっすいうっすいスープに、アルデンテ以上に生茹での部分が残ってるちょっと太めの麺、なぜかべたつかない脂、くずのような食べ応えのない肉。一口啜れば化学調味料の味がビリビリくるこの味。これが「元祖長浜屋」なのです!
ここしばらく「元祖家1」がベストかと思ってましたが、この「元祖屋」も本家本元の意地で追いついてきましたね・・・。「元祖家2」は・・・どうでもいいやww 
そして第4のガンソ、「ラーメン屋台 元祖長浜」(元祖屋台)はまだ行ったことないから、今度試してきます!!


金曜日。
この日は友人たちと集まって飲む日(これについては後日)。
前日に最大規模の新駅ビルがオープンし、うじゃうじゃと人ごみに覆われている某ターミナル駅・・・をかる~く通りぬけて、大王が行ったのはキャナルシティのラーメンスタジアム2。
そう、1ヶ月のリニューアル期間を経て、この日が再オープンなのです!!

rasta_renewal.jpg

今回入る店舗は、FBSラーメン総選挙で1位の見せ「らーめん二男坊」、富山ブラックの「麺屋 いろは」は引き続き。
そして新たに地元からは、兄弟店の「初代 だるま」の跡地にそのままスライドしてきた「初代 秀ちゃん」、トレードマークのマー油を封印し、実家の老舗「一龍」とコラボした「博多新風 豚骨ラーメン 絆」。
さらに全国から、讃岐うどん×魚介豚骨濃厚スープの「麺処 糀や」、二郎系の中でも「堀切系」として独自の路線を開拓した「らーめん大」、その名の通り味噌だけにこだわった「味噌屋 庄左右衛門」。
そしてリニューアルに際して、期間限定で新進気鋭のお店を入れていく「ラーメン特区」というスペースができ、先陣を切ってそこに入ったのが、家系×博多豚骨のネオ豚骨次世代ラーメン「極濃麺屋初代 一本氣」。

ということでまずは「一本氣」へ入ってきました。東京・小岩の本店は行列が絶えないそうで・・・。そんな中、大王は全く並ばずに入店ww。
店主は横浜家系の「六角家」と博多豚骨の「一幸舎」出身とのことです。

ippongi_majiblack.jpg
デフォルトの本氣(マジ)ブラック(780円)。家系風な醤油豚骨スープに浮かぶのは、ネギ、キクラゲ、叉焼が一枚。そして表面の半分を覆うのがマー油(この店ではニンニクビターオイルと呼ぶそう)、さらに唐辛子調味料。
麺は、断面が四角の太麺。この太さで硬さが選べるそうですが、普通を頼んでも充分に弾力があり、噛んだ歯を押し返してきます。これでカタを頼んだらどうなるんだ? しかし、その弾力と滑らかな表面のせいかスープとの絡みはあまりよくないです。
そしてネオ豚骨と呼ばれるスープですが、豚骨オンリーの濃厚・・・風なもの。大王の中で「」を付けて濃厚と叫びたいものではないです。充分に「濃い」スープですけど。臭みはほとんどないです。
そこにマー油、唐辛子で、ゴッツリ×ゴッツリを演出してますね。少々くどい感じもしますが。
個人的麺評価:75点。すみません。誤解を恐れずいうならば、ネオ豚骨次世代ラーメンって、そこそこ美味しい「熊本ラーメン」なんですか・・・^^;?
熊本ラーメンに家系風の太麺を入れた、って言っても良いんじゃないかと。期待して入った割には普通でした。←大王はバカ舌ですのであくまで参考程度に・・・

後半に畳み掛けましたが、今週はここまで~。
2011年のまとめ
・ラーメン 29杯 (うちトンコツ25杯)
・そば 0杯
・うどん 4杯
・ちゃんぽん 2杯
・つけ麺 4杯
・その他麺 2杯
 現在の合計 41杯 (年間213杯ペース)
 FC2 Blog Ranking

 Pendulum。彼らも生で観たいアーティストのひとつ。
 ベースとなるのはドラムンベースなのですが、ポップセンスも秀逸。
 本当に聞きやすくて、なおかつ踊りやすい!!

タグ : ラーメン

22:23  |  麺まとめ【啜る】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://daioh14.blog71.fc2.com/tb.php/1112-229ae3f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。